明日8月9日の今買う大化け株

旭松食品 <2911>
4-6月期(1Q)経常は黒字浮上で着地。発行済み株式数(自社株を除く)の1.63%にあたる3万株(金額で6135万円)を上限に、8月9日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自社株買いを実施する。

Ubicom <3937>
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比85.7%増の1.6億円に拡大して着地。ITソリューション開発事業で自動化やモバイル&クラウドなどの開発基盤を活用した利益率の高い案件が大きく伸びた。また、レセプト点検ソフトではサブスクリプション(定額課金)モデルが増加し、収益を押し上げた。

PSS <7707>
19年6月期の連結経常損益を従来予想の2.7億円の赤字→1.3億円の黒字(前の期は3.8億円の赤字)に上方修正し、一転して黒字に浮上する見通しとなった。OEM(相手ブランドによる供給)製品の全自動遺伝子診断装置やDNA自動抽出装置などの販売が伸びたことが寄与。研究開発費や販管費を削減したことも上振れに大きく貢献した。

カドカワ <9468>
20年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は前年同期比3.3倍の36.4億円に急拡大して着地。アニメ作品やゲーム「SEKIRO: SHADOWS DIE TWICE」の海外ロイヤリティ収入が伸びたことが寄与。電気書籍・電子雑誌の売上高が四半期ベースの過去最高を記録したほか、子会社ドワンゴの構造改革が進んだことも大幅増益の要因となった。通期計画の62億円に対する進捗率は58.8%に達しており、業績上振れが期待される。